履歴書の書き方

ソフトウェア業界の転職を対象とした履歴書の書き方をご紹介します。
まずは、あらかじめ自分自身のスキルや内面を掘り下げ、企業の特徴や求められている人物像を整理し、何をどうアピールするかをまとめましょう。
履歴書は、職務経歴書と並んで企業とのファーストコンタクトになる書類です。職務経歴書が経験とスキルをアピールするのに対し、履歴書は自分の基本データを企業に提供する役割を担っています。細部にまで気配りし、正確な記述を心がけて、人事担当者に真剣さ・誠実さを伝えることが大切です。

履歴書を書く上での注意事項
自分に合ったフォーマットを選択
市販の履歴書は、記入項目や用紙のサイズなど若干の違いがあります。自分のプロフィールや経歴をアピールしやすいフォーマットを探してみましょう。
記入は黒のペンかボールペンが基本
履歴書の記入には、黒のペンかボールペンを使用します。インクがかすれたり、ダマになったりしにくいものを選びましょう。鉛筆やシャーペンは禁物です。
書き間違えても修正ペンはNG
1ヶ所でも書き間違えたら、面倒でも最初から書き直しが基本です。書き間違いを防ぐためには、先に下書きをつくってそれを見ながら書くのがオススメです。
読みやすく、ていねいな字を心がけて
一字一字ていねいに書かれた履歴書はそれだけで好印象。字に自信がないという人でも、時間をかけて読みやすい楷書体で書くことでずいぶん改善されます。
すべてに記入し、空欄は作らない
履歴書は基本的にはすべての項目を記入します。資格や賞罰などの欄で特に書くべきことがない場合は、「なし」または「特になし」と記入します。
封筒に入れる前に必ず見直しを
日付を記入していなかったり、誤字脱字がそのままになっていたりなど、最後に必ずもう一度見直しをしましょう。
古い日付の履歴書を使いまわさない
企業から返却された履歴書を、そのまま他社の応募に使い回すのはNG。日付が古いままに残るからです。面倒でももう一度書き直すようにします。

記入のポイント

履歴書のサンプル

日付

書いた日ではなく提出する日(郵送の場合は投函日)を書きます。元号(平成○年)か西暦かは特に決められていませんが、履歴書の中で記述する日付けは、必ずどちらかに統一するのがマナーです。

氏名

名前は大きく丁寧に。フリガナも忘れずに。
履歴書に「フリガナ」とある場合はカタカナで、「ふりがな」と書かれている場合はひらがなで書くのがルールです。

生年月日

先述の通り、日付を元号で書いた場合は、こちらにも「昭和○年」と元号で記述。西暦で書いた場合はこちらも西暦です。
年齢記入欄に「満○歳」とあった場合、その日時点での自分の満年齢を書きます。履歴書記入日と送付日が異なる場合は、送付日の方を優先します。

証明写真

3ヶ月以内に撮影した肩から上の正面写真。サイズは2.4×3cmか3×4cmが一般的です。スーツを着用の上、礼儀正しさや清潔感が伝わることを意識して、明るい表情で撮影しましょう。また、暗くなりがちなスピード写真より、少々高額ですが、写真館でプロに撮影してもらう方が、良い表情を引き出してもらえるはずです。なお、顔に掛かった前髪や、派手なメイクは悪印象のもと。撮影前に必ず鏡を見て確認してください。履歴書に添付する前に写真の裏面に氏名を書いておくと、万が一、先方で剥がれおちた場合も安心です。

住所

都道府県名から省略せずに書きます。アパートやマンションにお住まいの場合は、建物の名称と号室も忘れずに記入しましょう。

連絡先

連絡先は自宅の一般固定電話を明記するのが一般的でしたが、最近では日中の連絡の取りやすさから、IP電話や携帯電話を書く人が増えています。もし、ここに固定電話を書く場合は、「その他の連絡先」欄に携帯電話番号も記載し、「恐れ入りますが、平日の昼間は携帯電話にお願いします」などという一言を忘れずに必ず添えておきましょう。企業はここに書かれている番号を元に、選考や入社手続きに関する連絡をします。重要な部分ですので、間違えることのないよう注意しましょう。

Email欄は、PCの固定アドレスを記入しましょう。希に、携帯のメールやフリーメールアドレスは企業によって"オフィシャルなメールではない"という印象を抱かれることがあるようです。固定アドレスを持っていない、フリーメールの方が連絡がつきやすい、といった場合以外は、できるだけ固定アドレスを書くようにしましょう。また、手書きのため読みやすくわかりやすいよう配慮を。特に「a」と「u」、「n」と「h」、「_」と「-」、「o(オー)」と 「0(ゼロ)」などは区別が付きにくくなることがあるため、注意が必要です。

学歴・職歴

前述の通り、年号は日付と合わせ、あなたの経歴を「学歴」と「職歴」に分けて書き記していきます。
「学歴」は社歴の少ない場合、中学校・高校を卒業年だけ書き、最終学歴のみ入学年と卒業年を書くのが一般的。社歴が多く、入りきらない人は最終学歴のみを書くかたちでも構いません。

「職歴」は入社・退社に加え、あなたがどんなポジションで何をしてきたかを簡単に2~3行で。読んだ人がイメージしやすいようにします。なお、「職歴」は原則、在籍した全ての会社を書き出すのが鉄則です。「在籍期間が短いから」「書きたくないから」と省略してしまうと、経歴詐称に問われる恐れがあります。但し、アルバイトは書かなくても構いません。ですがこの場合も、今回の転職に繋がる経験を積んだなど、アピールになりそうであれば積極的に記入していきましょう。
また、学校名では「高等学校」を「高校」と略したり、会社名でも「株式会社」を「(株)」とはせず、正式名称で書くよう注意しましょう。

免許・資格

あなたの持っている資格・免許を、取得時期の古いものから順番に書きます。アピールになりそうな資格を中心に列記し、あまりにも仕事との関係性が薄いものは軸がブレるため書かない方が良いでしょう。同様に、一般的な資格に関してはある程度以上のものを書くようにします(日商簿記は3級以上、英検は2級以上が目安)。なお、資格名は略さず正式名称で(例:自動車免許→普通自動車第一種免許)。

趣味

「趣味は●●です。」と一言で終わらせるのではなく、その後に続けて具体的な説明があるとベターです。例えばスポーツを趣味として挙げる場合、練習頻度やポジション名などを。趣味が読書なら、好きな作家やジャンル、読書量などを記しましょう。趣味欄は履歴書の中で最もあなたの「人間性」が伝わる部分です。この内容を元に、面接で話題が盛り上がったり、社風との相性を見られたりしますから、できるだけ詳しく書くよう心がけましょう。

志望動機(自己アピール)

志望動機は履歴書の要。企業側としては、一緒に仕事をする相手として、「何ができるか」だけでなく、「なぜ当社で働きたいと思っているのか」「どのくらいそう思っているか」、応募した理由を知りたいものです。「将来性に魅力を感じた」など通り一遍の内容でなく、企業への思い入れや入社後に目指す方向性など、あなたの"想い"をしっかりと言葉にしていきましょう。 なお、退職理由に触れる場合は、「人間関係に悩んだ」「仕事内容が合わなかった」といった後ろ向きな内容でなく、「より専門的な業務に挑戦するため」など前向きな書き方をするよう心がけましょう。間違っても職場の愚痴にならないよう注意が必要です。自分の想いやスキル・経験を、応募する企業の特色とうまく結びつけることを意識して書きましょう。

本人希望記入欄(または希望勤務地・希望給与額)

希望勤務地も希望給与額も、どうしてもゆずれない条件がある場合以外は、「貴社規定に準じます」がベターです。
出社可能日や連絡のつきやすい時間帯、または勤務地や給与等、希望する事項を記します。
特に希望がない場合は「特になし」とする手もありますが、それよりも応募職種名が何であるかを書いておくと親切です。希望欄と言っても、あまり欲張った希望を書くことは禁物。どうしてもゆずれない内容や、事前に話しておいた方がよい内容のみ記載するよう心がけましょう。

通勤時間

自宅最寄り駅から勤務地までの所要時間を書きます。あくまで目安として最短時間を記入しますので、乗り換えや徒歩の時間などは省いても構いません。また、現時点で勤務地がどこになるか未定の場合は、無理に記入しようとせず、一度キャリアコンサルタントに確認すると良いでしょう。

配偶者・扶養家族

配偶者が居る場合は「有」に○を。また、その配偶者の年収が130万円を越える場合は、配偶者の扶養義務「無」、下回る場合は配偶者の扶養義務「有」に○を付けましょう。なお、扶養家族欄には、配偶者以外の扶養家族数を記します。単位が「人」なので、居ない場合は「無し」ではなく「0」と書きましょう。

その他の欄の書き方

履歴書のフォーマットによっては、今回の見本履歴書にあったもの以外の項目が用意されている場合があります。

・長所・短所
自分自身の長所・短所を書きます。まずは志望する企業の求人情報をよく見て、「どんな人が求められているか」「どんな人が求められていないか」を意識して書くようにしましょう。採用担当者は長所と短所が仕事の上でどう現れるのかを読み取ります。「長所は××です」で終わらず、それを立証するような具体例を書き加えたり、短所を書く際も「短所は○○です」とマイナスの印象で終わらせないように工夫を。「短所は○○ですが、現在は××することによって克服できるよう努力しています」「短所は○○ですが、逆に仕事の上ではこれが××に役立っています」とプラス方向に転換するよう心がけましょう。
・特技
仕事、または仕事以外であなたが得意とすることを記します。趣味欄との違いは、「趣味=好きなもの」であるのに対し、「特技=(好きで取り組んでいて)何かしらの結果を出している」もの。どんな実績を出したか、どれくらいの年数取り組んできたか、習熟度はどれくらいかなどを明記するよう心がけましょう。
・自由記入欄
他の欄ではアピールできなかった内容や、書けなかった希望などを記します。ぱっと思い当たらない場合には、仕事上の目標や希望などを書く欄と考えましょう。但し、希望を書く場合も、「わがままな人」と思われないよう伝え方に注意。「ゆくゆくは○○に挑戦していきたいです」といった書き方で、前向きさをアピールする配慮を。なお、給与や待遇などに関する希望は選考にシビアな影響を与えます。履歴書に書くより、交渉の余地がある面接で伝えるように心がけましょう。

転職支援サービス(無料)

ワークシティの会員限定サービスでより効率的な転職活動を!

ワークシティの利用を始める

5

ワークシティは6つのサービスをご用意して、皆様の転職活動を支援いたします。もちろん無料で提供!
ワークシティの価値を最大限に利用してください!

効率的な転職を実現する8つのサービス
サービスを見る
転職お役立ちノウハウ

ワークシティで求人を探す

このページの先頭へ